会長あいさつ

ご挨拶

会長 臼井隆 写真

 安芸郡医師会のホームページにアクセス頂きましてありがとうございます。安芸郡医師会会員の皆様とともに輝く1年にしたいと願っています。ご協力の程を宜しくお願いします。昨年を振り返ってみますと、安芸医療圏では医療機関の減少、看護師不足に伴う救急医療の後退、芸東地区の休日当番の中止など、人口減少、医師の高齢化、看護師不足などと関連した残念な出来事がありました。一方では、県立あき総合病院の新築落成と医師の増員などにより、2次医療圏での救急対応の強化が進められてきています。災害対策としてアマチュア無線も多くの医療機関で準備が整い、無線を使用しての訓練も予定したいと考えています。医療ネット(あきぐんネット)も稼働を始めました。積極的に活用していただきたいと思います。また消費税増税の先送りは医療・介護を含めた社会保障費の抑制につながるのではないかと多くの人が懸念をしているところであります。高知県全体でも看護師不足が問題となり、診療内容の縮小、ベッドの削減を余儀なくされている医療機関もあります。われわれ安芸郡下でも看護師不足は顕著であり医療、看護の質の低下を招きかねません。今後さらに在宅医療を進めていくためには、また、半数が圏域外に入院している状況を変えて、生まれ育ったところで住み続けてもらうためにも、訪問看護ステーションの重要性、必要性は増すばかりです。安芸郡の医療圏に合った地域包括ケアシステムを構築するには、医師会と市町村との連携が重要になります。在宅医療の充実、在宅看護の充実、訪問看護の充実、災害対策、看護師不足対策、人口減少対策、地域の活性化、などを考えたとき医師会にできることは、安芸郡下9市町村と連携して看護師養成学校を東部に設立することであり、そのことが地域の創生につながり、地域包括ケアシステムの構築に大いに役立つことだと考えています。

平成28年

安芸郡医師会 会長 臼井隆