健康ガイド

バックナンバーはこちら

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)について

 
  主に動脈硬化により、心臓を栄養する血管(冠動脈)が狭くなったり詰まったりして、心臓の筋肉(心筋)に酸素が足りなくなる病気です。
 運動などにより一時的に症状が出る状態を狭心症、冠動脈が完全に詰まって心筋が壊死に陥っている状態を心筋梗塞といい、この場合は症状が持続します。
 また、夜間から明け方の安静時に多い、冠動脈がけいれんするタイプの狭心症もあります。

症状

 典型的なものは前胸部の絞扼感(締め付けられる感じ)や圧迫感で、違和感が肩や背中、のどやあごにひびいたりすることがあります。お年寄りや糖尿病のある人では症状が出にくいので注意が必要です。
 狭心症の場合、安静にすると症状は数分で治まりますが、30分以上続く場合は心筋梗塞の可能性があります。
 急性心筋梗塞は死亡率が30%に達する恐ろしい病気ですので、一刻も早く専門病院で治療を受ける必要があります。

検査

 症状が持続している場合には安静時の心電図検査だけで診断できることもありますが、症状が一時的な場合は運動負荷心電図や24時間のホルター心電図検査を行います。
 心電図で異常が見つかった場合や、症状やその他の検査(血液検査やエコー検査など)で疑わしいと判断された場合は、心臓CT検査やカテーテル検査を行い実際に冠動脈が狭くなってないかを確認します。

治療法

 病気の程度にかかわらず、原因となる生活習慣病の治療は前提となりますが、動脈硬化が軽度の場合は、症状を和らげるお薬を服用して、症状の経過を観察します。
 動脈硬化が進行している場合は、カテーテルという細い管を使って、風船で心臓の血管を拡げたり、血管の中にステントという金属の筒を埋め込んだりする治療を行います。
 さらに動脈硬化が進んでカテーテル治療が困難な場合は、肩や腕などの血管を使って狭くなった冠動脈にバイパスをつなぐ手術が行われます。
 また、再発の予防にはアスピリンなどの抗血小板薬が使われますが、ステント治療を受けた人の中にはお薬を勝手に中止してはいけない人もいますので、注意が必要です。

予防

 高脂血症、高血圧、糖尿病などの病気がある人は虚血性心疾患になりやすいと言われています。また、両親や兄弟で狭心症や心筋梗塞にかかったことがある人がいる場合もなりやすいことが知られています。
 日常生活では喫煙が大きな原因となりますので、現在すでに心臓の治療を受けている人はもちろんのこと、そうでない人にとっても禁煙はとても重要です。
 虚血性心疾患は一度起こしてしまうとその後の生活が制限されてしまう場合も多く、予防が非常に大切です。気になる症状のある方や禁煙について興味のある方は、まずかかりつけ医かお近くの医療機関へ御相談下さい。

南内科循環器科
南 大揮